お喜楽和芸〜日本の芸能を親しみやすく〜

アクセスカウンタ

zoom RSS お豆腐狂言へ

<<   作成日時 : 2009/07/10 23:58   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 1

画像
【 お豆腐狂言・茂山家 】
野村万之丞さんにはもっといろいろ教えて頂きたかったが、残念ながら他界され狂言はどうしようかと迷っていた。
山口県に鷺流があるのでそこに通うことも考えたが、結局和泉流から大蔵流の茂山家に変わることにした。
師匠は当主の千五郎先生。お父様の千作先生も大好きで、舞台は何度か拝見していた。
『お豆腐狂言』と表現されるように、とても庶民性のある狂言のお家である。
毎年厳島神社の桃花祭神能に奉納させて頂いている。その中で先日のブログで紹介したのは「土筆」と「清水」。今回の写真は「舟船」で、初めて千五郎先生と舞台に立たせて頂いた時のもの。
稽古でも「すごいな〜」と思っていたが、本番はその比ではない。私が太郎冠者で、名乗りを終え主人(千五郎先生)と向き合う。…振り向かれる瞬間、何ともいえぬすごいオーラ。まさにその役の人物。かつ、緊張する自分を大きく包み込む満面の笑顔。一瞬に緊張がほぐれ、自分が太郎冠者そのものになった。主人をおちょくるのが楽しくってたまらない。
先生はこの度、平成二十年度芸術祭大賞を受賞された。
来週それを「祝う会」に行ってきます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
春に生まれて初めて狂言を生で見ました。
外国人の方やカメラを構えた狂言ファンの方がたくさんいらっしゃいました。

初狂言の自分が何だか恥ずかしくなりました。

意味はあんまりわかりませんでしたか、なんだか感動しました。
とーふー.
2009/07/11 01:24

コメントする help

ニックネーム
本 文
お豆腐狂言へ お喜楽和芸〜日本の芸能を親しみやすく〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる